November 27, 2018

先週末、アマチュアのための

ピアノコンクール、エリーゼ音楽祭で

僕がレッスンさせていただいた

金田令子さんの

素敵なエピソードを紹介します。

是非最後まで読んでみて下さい。

_________________

このワルツが大好きな母の耳に届きますように。

どんなに心を砕いて介護をしていても、

母が私のことを娘と認識してくれる時間は

格段に減ってきています。

先日も「れいこちゃんはどこにいったの?」

と母が泣き顔になり始めました。

「私がれいこだよ」と何度言っても

納得しません。

それならばと母の大好きなこのワルツを

弾いてみると、なんと、

それまで興奮していた

険しい...

November 21, 2018

 自分の目指す音楽家としての

人生ビジョンが、

少しずつ、一歩一歩

確実に身を結んでいる。

未熟な自分ですが、

こんな自分を

必要として下さることが、

素直に嬉しい!

今週末にコンクールを

控えた3人の方のレッスンを、

ホールでさせていただきました。

それぞれ色々な思いで、

ステージに上がる。

人生の貴重な時間を、

好きな音楽と共に、

味わえるって、幸せなことです!

November 16, 2018

「もっと音楽的に!」

先生に言われますよね?

僕も学生の時には何度も言われました。

でも、正直どういう意味???

意味が分からなかったのですが、

ロベルト・シューマンが

次のように言っています。

「『音楽的』とは、

新しい曲を弾き始める時

その曲がどう展開していくか

予想出来たり、

知っている曲を

暗譜で演奏できる状態のこと。

いい換えると、音楽を指先だけでなく、

理性と感情で表現する事が出来たら、

それは音楽的だといえるのだ。」

当たり前といえば当たり前だけど、

すごく腑に落ちた!

November 13, 2018

久しぶりのギックリ腰をやりました。

今朝起きたら、

いつもより腰が重い感じで

くしゃみしたら、激痛がきた〜〜

イテ〜〜〜!てな感じで。

昨夜は、布団かけずに

寝ちゃってたりして

寒かったみたい。

反省しました。

幸い仕事に支障はなかったので、

元気にレッスンこなし、

ピアノも弾きました。

November 11, 2018

 僕はこの「一期一会」を

一度会った人には、

二度と会えないと思うと、

大切に接しようという意味だと

思っていました。

でも、

真の意味は、

いつも会っている人に、

今日が最期かもしれないと

想って接することかもしれない。

僕は日々それができているか?

全くできていない。

難しいけど、

少しずつ

できることからやろうと思う。

November 11, 2018

板橋区成増周辺で活動している

合唱団「コーロにりんそう」の

本番で、

今年も板橋区立文化会館

大ホールにて

伴奏させていただきます。

皆さん音楽が好きな方々で、

僕のコンサートにも

度々足を運んで下さり、

本当に感謝しています!

毎年11月の本番に向けて、

声楽家の先生の指導と

僕の伴奏で、

和気あいあいと楽しく

練習しています ^-^

ご参加いただける方を

随時募集しています。

November 9, 2018

英語がネイティブのスタッフがいるカフェで、

近所に住む4歳くらいの子供を持つママたちが

集まっていた。

以前ここで英会話のキッズクラスがあり

子供たちはとても楽しかったようで、

また是非やって欲しそうな感じで話していた。

でもネイティブの彼らは日本に永住している

訳ではなく、度々母国に帰らなければならない。

それに加え、人手が不足で多くの子供を見ることが

できないようだ。

人手不足の問題はここでも顕在化している。

教育は最大の投資。

子供に早くから英会話を習わせたい母親は

本当に多いなあ。

July 7, 2018

僕にとって人生初の、公開という形でレッスンさせていただきました。

何という学びの深さなのだろう!

自分自身弾いたことのない曲はもちろん、

長く弾いているレパートリの曲でさえも、

次から次へと新たな気づきやヒラメキが湧いてくる。

年齢やレベル関係なく、コンクールに挑戦するために

仕上げてくるので、向上心が高い!

聴講する人も、勉強熱心な方ばかりで、

あっという間に数時間が経ってしまう。

ピアノ好き、音楽好きだけが集う贅沢な時間でした!

楽しすぎました^o^

今日の受講曲:(ショパン限定)

バラード第3番

マズルカOp7-1、Op.59-3

子犬のワルツ、ノクター...